美白化粧品は敏感肌だと使えないの?

敏感肌だと美白は無理?

敏感肌だと美白は無理?

最近特に増えてきている「敏感肌」という悩み。化粧品の成分が刺激になってヒリヒリする上に、バリア機能が低下しているから紫外線などの影響も受けやすくなっており、厄介ですね。シミもできやすいので、できれば美白化粧品でしっかりケアしたいのに、美白成分が刺激になるから難しい、と悩まされている方は少なくありません。

 

確かにハイドロキノンやアルブチン、ビタミンC誘導体など、美白ケアに有効と言われる成分の大半は、刺激も強いということが分かっています。ですが、各化粧品メーカーがしっかり研究し、これらの有効な成分を、刺激を与えずにお肌の内部に浸透させる方法を編み出したりしています。また、中には天然由来の優しい成分で美白が叶う化粧品もあります。

 

こういった優しさにこだわるアイテムを選べば、敏感肌でも美白ケアは十分に可能です。

 

肌との相性は人それぞれなので、まずはトライアルで刺激の有無を確認してみましょう!

関連ページ

シミを消すのにかかる期間は?
お肌のターンオーバーは、28日程度となっています。年齢を重ねるにつれて、この周期が延びてくる傾向があります。そのことを考えると、シミができる年齢層の方が、シミが薄くなる効果を実感し始めるまでには、最低でも3カ月はかかると考えた方が良いですね。
男性でも使用できる?
女性向けに作られた美白化粧品を男性が使用することもできます。 ただし、女性と男性とでは肌の質が違い、男性は女性よりも皮脂が多い傾向があります。そのため、自分の肌に合った使用感のものを選んでいくことが大切です。
美白化粧品さえ使っていればシミは消せる?
シミを消すというと、美白化粧品だけで十分だと考える方もいらっしゃるでしょう。確かに有効成分が配合された化粧品もあり、これを使用し続けることで改善される可能性は高いですね。ただ、肌と言うのは体の内側の状態も反映されるものだということを忘れてはなりません。
日焼けしていないから不要!?
紫外線のうち、A波と言われるものはガラスを通過してお肌に届いてしまいます。そのため、普段は日焼けをしない人でも、意外とシミができてしまうこともあるのです。日焼けの経験が無くても、美白化粧品で適切なケアをしましょう。
保湿力が足りない時は?
優秀な美白化粧品というのは、保湿力にもこだわるものが大半となっています。 なぜなら、肌の潤いが足りないとターンオーバーが低下してしまい、かえって美白効果が低くなってしまうからです。
美白化粧品は白い斑点ができることがあるの?
美白化粧品による白い斑点の事例は、原因も特定され、すでに解決されているものですので、それほど恐れるようなものではありません。ランキングでも人気が高い美白化粧品は、そういった事例も無く、安全に使用できるものとなっていますので、安心して使ってみましょう。