美白化粧品を使ったケアで最初にすべきなのは?

浸透しやすい肌づくりから始まる美白化粧品のケア

美白化粧品というと、化粧水や美容液などの「与えるケア」に用いるアイテムをイメージする方が多いでしょう。確かに与えるケアは大切ですが、まずはその前に「落とすケア」をしっかりしておかないと、せっかくの良い成分も浸透しにくくなってしまいます。浸透しやすい肌づくりから始める美白化粧品のケアを心がければ、効率的な美白が叶うのです。

 

クレンジングが美肌の要!

まず大切なのは、クレンジングによるケアですね。クレンジングと言えばメイクを落とすだけの印象があり、それほどお金も時間もかけないという方が少なくありません。ですが、これをきちんとしておかないと、汚れが溜まって化粧品の浸透を妨げたり、酸化してシミなどが起こる原因になるので要注意です。

 

コツとしては、

  • メイクにかかったのと同じくらいの時間をかけて落とす
  • ゴシゴシこすらず浮かせて落とす
  • しっかりすすぐ

といったことが挙げられます。

 

目元や口元などのポイントメイクは、「ポイントメイクアップリムーバー」であらかじめ、優しく落としておきます。それからメイクの濃さに応じたクレンジングを用いて、優しく汚れを浮かせて落とし、しっかりぬるま湯ですすぎましょう。

 

薄いメイクなのにオイルクレンジングを使うのは、刺激が強すぎます。日常のメイクなら、ミルクタイプやクリームタイプを用いれば、お肌に優しくきちんとクレンジングすることができますね。

 

洗顔で汚れスッキリ!

クレンジングの後に行うのが、洗顔です。中にはダブル洗顔不要のクレンジングなどもありますが、一般的なクレンジングの場合、洗顔を組み合わせてこそメイクや皮脂などの汚れを徹底的に落とせるようにできています。手抜きせずに、しっかり洗顔まで行っておきましょう。

 

コツは、

  • ひっくり返しても落ちないほどのモコモコ弾力泡を作る
  • こすらずに泡を転がすようにして洗う
  • 30回以上ぬるま湯ですすぐ

といったことがありますね。

 

手による摩擦で洗うのではなく、泡で洗うという意識を持ってください。すすぎ残しはお肌に刺激となり、また汚れになって浸透を妨げる原因にもなるので注意しましょう。

 

角質の拭き取りも!

クレンジングや洗顔をしっかり行っても、美白化粧品が浸透しにくいという場合には、古い角質が残っているのかもしれません。そんな時には、古い角質を拭き取るケアをしてみましょう。

 

拭き取り専用の化粧水をコットンに含ませて、優しく肌表面を撫でるだけで、古い角質を除去することができます。拭き取り専用の化粧水が無い場合には、普段使用している化粧水を含ませて優しく拭き取るだけでも違います。

 

拭き取った後のコットンは廃棄して、保湿する際には別のものを使用しましょう。

関連ページ

化粧水はしっかり浸透させることが大事!
美白化粧品の化粧水は、主役級の成分を配合してあるものが多いですね。この美白成分の中には、基底層にあるチロシナーゼを作るメラノサイトなど、お肌の奥深い所に働きかけるものもあります。そのため、しっかりとお肌に浸透するように使っていくことが重要なのです。
美容液は慎重に使い方を守って!
美白化粧品の様々なアイテムの中でも、特に効果的な成分をギュッと凝縮してあるアイテムと言えば、美容液ですよね。中には高級な成分を配合し、使用する際に緊張してしまうようなものもあります。そんな美白化粧品の美容液ですが、いくら良い成分で作られていても、「たっぷり使えば良い」というものではありません。慎重に使用量や使用方法を守ることが大切です。
乳液・クリームで仕上げをしっかり!
乳液・クリームは、「夏場はベタベタするから使いたくない」「脂性肌だから必要ない」などといった理由で避けている方も少なくありません。ですが、実はこれらのアイテムも美肌のためには必要不可欠なものなのです。上手に活用することで、美白化粧品の効果をより高めていきましょう。